SatoYuki-Yuki Sato's Law Blog-

Partner, Attorney at Law admitted in Japan and New York. My areas of practice include M&A, corporate laws, investment funds as well as capital markets.

社外高度人材に対するストックオプション税制の適用拡大とベンチャーキャピタル等の定義

沖縄県恩納村の夕景です。本文とはあまり関係ありませんがw 法改正等については、基本的に事務所HP上のブログ(https://innovationlaw.jp/blog/)に回しているため、久しぶりになってしまいました。 経済産業省(「経産省」)が、社外高度人材に対するスト…

改めて読む「会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律 第二節 有限会社法の廃止に伴う経過措置」のうちM&Aに関連する条項

M&A

桜のシーズンの目黒川 事業承継関連で、特例有限会社(旧有限会社法上の有限会社)が関連するM&Aのご相談を受けることがありますので、改めて「会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」(整備法)「第二節 有限会社法の廃止に伴う経過措置」のうち…

新年のご挨拶とご報告

BOTANISTで有名なI-neのクリエイティブチームに作って頂いたロゴです。 明けましておめでとうございます! さて、私こと、King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業を円満退所し、1月より、大手法律事務所のパートナーを務め、独立後はブロックチェ…

今年もありがとうございました。

King & Wood Mallesons東京です。 いよいよ2018年も残り僅か。 本年も、沢山の方に支えられ、仕事にも恵まれ、過ごすことができました。 本年末でKing & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業(「KWM」)を離れることとなりました。来年からどうするか…

弁護士との付き合い方

このツリーはKing & Wood Mallesonsの北京オフィスが入っているビルのものです。 こんにちは。今日は、法務アドベンター参加記事となります。msut1076さん( 会社のカタチ #legalAC : 企業法務マン迷走記2)からバトンを引き継いでいます。 今日は、個別の…

オリジナル設計株式会社に対する創業家資産管理会社による公開買付け

M&A

オリジナル設計株式会社の創業家の資産管理会社による、同社株式の公開買付と自社株公開買付の案件は、一見地味とはいえ、なかなか興味深いです。 資産管理会社の公開買付は、創業者からの株式の取得を目的としていますが、創業者は、公開買付者である資産管…

株式会社ADEKAによる日本農薬株式会社の公開買付と第三者割当増資の組み合わせによる子会社化

株式会社ADEKA(「ADEKA」)が日本農薬株式会社(「日本農薬」)を公開買付と第三者割当増資を組み合わせて子会社化する(「本件取引」)という適時開示を先月21日に行いました(http://ow.ly/rHhT30m0jkE (「適時開示」))。 なお、報道によりますと本件…

Vtuberが定時株主総会における計算書類の報告、事業報告の内容の報告をしたら

先日、グリー株式会社が、2018年6月期第4四半期の決算説明会で子会社のWright Flyer Live Entertainment社のバーチャルYouTuber(VTuber)「いそら真実(まなみ)」さんを登壇させ、冒頭5分ほどのエグゼクティブサマリ(FY18の実績、FY19事業方針の概要)を…

M&A等におけるデュー・ディリジェンスに伴う個人データの相手方への提供について

M&A

あっという間に法務アドベントカレンダーの時期がやってきました。1年はあっという間です。 昨年から本年は、大改正があったことで関心が高まった個人情報保護法(本年5月30日から完全施行。以下「法」)に関連する執筆に複数携わらせていただきました。 「…

株式会社アエリアによる株式会社トータルマネジメントの子会社化

M&A

最近M&Aを繰り返していてちょっと話題の株式会社アエリア(「アエリア」)が、2017年9月26日付で、株式会社トータルマネジメント(「トータルマネジメント」)を子会社化すると適時開示を出していました(http://www.aeria.jp/pdf/urnQBz)。 今回の子会社化…

株式会社エボラブルアジアによる株式会社まぐまぐの子会社化

M&A

ちょっと話題の株式会社エボラブルアジア(「エボラブルアジア」)が、2017年9月12日付で、株式の取得及び簡易株式交換により株式会社まぐまぐ(「まぐまぐ」)を子会社化すると適時開示を出していました(http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS99831/…

M&Aと女性の職業生活における活躍の推進に関する法律

M&A

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年4月1日法律第64号)(「活躍推進法」)が2016年4月1日から全面施行されています。今日は、この法律がM&Aに与え(てい)る影響について一言。 活躍推進法第8条第1項に基づき、常時雇用する労働者…

移籍の御報告

御報告が遅くなりましたが、今月から、King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業という法律事務所へパートナーとして移籍しました。 M&A、資金調達からベンチャー支援まで、これまで行ってきた業務は引き続き力を入れ、またクロスボーダー取引におい…

秋のベンチャー企業及びVC向け無料法律相談やります。

ベンチャー企業及びベンチャー・キャピタル向け無料法律相談を実施します。今回は、ベンチャー企業については、M&A、資本業務提携及び資金調達関連のご相談を、ベンチャー・キャピタルについては、ファンド関連契約及び金商法の適格機関投資家特例業務関係の…

SGXにおける複数議決権株式の上場

本日は複数議決権株式(通常は1株あたり1個の議決権が与えられるが、複数の議決権が与えられる場合)について取り上げてみたいと思います。日本の会社法では、種類株の1つとしての複数議決権株式は認められていません。 この点シンガポールでは、今年1月の…

会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律施行規則等の改正等

M&A

本日は、本年9月1日から施行された、M&A(会社分割、事業譲渡、合併)における労働契約のあり方について定めた、「会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律施行規則」(「承継法施行規則」)等の改正等について概説します。 1. 承継法施行規則等の改正等…

株式会社セブン&アイ・ホールディングスによる株式会社ニッセンホールディングスの完全子会社化

M&A

今月2日に、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(「7&iHD」)による株式会社ニッセンホールディングス(「ニッセン」)の完全子会社化が発表されました(http://www.7andi.com/dbps_data/_material_/localhost/ja/release_pdf/20160802_01.pdf)。 今回…

最高裁平成28年7月1日決定(株式取得価格決定に対する抗告許可決定に対する許可抗告事件)について

M&A

最高裁平成28年7月1日決定(株式取得価格決定に対する抗告許可決定に対する許可抗告事件。以下「本決定」といいます。)が7月4日に公表されました。本決定は、上場廃止を目的とするMBOや上場子会社の完全子会社化を目的とするいわゆる二段階買収[1]が採られ…

春のベンチャー企業及びVC向け無料法律相談やります。

ベンチャー企業及びベンチャー・キャピタル向け無料法律相談を実施します。今回は、ベンチャー企業については、M&A、投資及び資金調達関連のご相談を、ベンチャー・キャピタルについては、ファンド関連契約及び金商法の適格機関投資家特例業務関係のご相談(…

松屋グループの再編

M&A

株式会社松屋(「松屋」)は、7 月 1 日を効力発生日として、完全子会社の株式会社リュド・ヴィンテージ目白(「目白」)を吸収合併するとのことです(http://ow.ly/10aCOr)。 目白は、1 月 14 日に松屋が開示した「子会社の会社分割および子会社の完全子会…

上場会社による転換権付優先株式の発行が募集に該当するとされた事例

昨年もいろいろなニュースがありましたが、今日はこれを取り上げたいと思います。 グローバルアジアホールディングス株式会社(「GAHD」、ちなみにいろいろ名前を変えている会社だったりしますね…)の優先株式による第三者割当増資が、無届けの募集に該当す…

いわゆるプロ向けファンドに関する金商法の改正について

お久しぶりです。今日は、巷で騒がれている適格機関投資家等特例業務(プロ向けファンドと呼ぶ人もいます)について。 1. 今回の改正の経緯をおさらい 適格機関投資家等特例業務について、念のためおさらいすると、組合型ファンド(日本の投資事業有限責任組…

M&Aと個人情報保護法

M&A

個人情報の保護に関する法律(「個人情報保護法」)の改正案が本年9月3日に可決され同9日に公布されました。今回の個人情報保護法改正は、ビックデータの利活用のための「匿名化情報」のルール整備、個人情報のトレーサビリティ確保、グローバル化への対応を…

「いまこそ BRICs セミナー」のご案内

「いまこそ BRICs セミナー」というセミナーを行うことになりました。 世界が一つの経済圏ともいえる中、成長戦略の重要な要素として海外の既存の企業への積極投資が重要な経営戦略の一つと考えられており、円安にもかかわらず、日本企業は海外でのM&Aを積極…

秋のベンチャー企業向け無料法律相談(M&A、投資、資金調達関連)やります。

ベンチャー企業向け無料法律相談を実施します。今回は、M&Aや投資、資金調達関連のご相談を対象とさせていただきます。実施期間は11月2日(月)から11月13日(金)の2週間です。予約制となりますので、ご希望の方は、info.tokyo@namura-law.jp 宛に下記のフ…

M&A-アルピコHDによるマツヤの完全子会社化

M&A

アルピコホールディングス株式会社(「アルピコHD」)によるマツヤ株式会社(「マツヤ」)の完全子会社化のプレスリリースが出ました(http://www.daiwair.co.jp/CIB/7452/press/2015/pdf/p_20151009_02.pdf)。上場会社の完全子会社化ということでよくある…

不正競争防止法の改正とセミナーのご案内

本日は、M&Aや海外の法律ネタではなく、不正競争防止法の改正について書いておきたいと思います。営業秘密漏えいとして思いつくのは、どのようなものでしょうか?新日鉄住金の高機能鋼板に関する情報が韓国企業のポスコに流出した事件、東芝のNAND型フラッシ…

スキャンポファーマ合同会社による株式会社アールテック・ウエノの完全子会社化

M&A

旬刊経理情報9月10日号(中央経済社)に、当職が共著にて執筆、寄稿しました「栄光HD買収の事例にみる 2段階TOBの法務・税務上の留意点」が掲載されていますので、是非ご覧ください。 さて、先日、スキャンポファーマ合同会社(スキャンポ)による株式会社…

5月から始まった怒涛のマイナンバーセミナーがひと段落しました。

5月から始まった怒涛のマイナンバーセミナーがひと段落しました。今春から、各種法人・団体から次々とマイナンバーのセミナーのお話をいただき、新情報を都度付け加えつつ、お話させていただきました。 先週は、社労士さん100人の前でお話させていただいたの…

リバース・モリス・トラスト方式によるM&A(コティによるP&G美容部門の取得)

コティがP&Gの美容部門を、リバース・モリス・トラスト方式を用いて125億ドルで買収したとのニュースがありました(http://www.businesswire.com/news/home/20150715005713/ja/#.VasjruLtmkp)。リバース・モリス・トラストとは、親会社が子会社を税務メリッ…